2005年コンタクト界の動き

2月。「ワンデーアキュビュー、ディファイン」

 ジョンソン社 の「ワンデーアキュビュー、ディファイン」が2005.2.23発売開始。 通常のワンデーアキュビューより高価でワンデーカラーより安いという位置付けです。「瞳を大きく見せる」ために黒い輪は大きく、かつ中央の無色の部分も大きめ。カラーコンタクト一般の「酸素透過性が低いため長時間つけると充血しやすい」性質はおそらくこの「…ディファイン」にも あてはまるだろうと予想していますが他のカラーコンタクトよりは 酸素が少し通りやすいデザインのようです。

3月。「メダリストII」
ボシュロム社から「メダリストII」(2)が発売開始。従来の初代メダリストと併売です。初代と違うのは材質が変わって高含水、非イオン性の「グループ2」になった事です。(2ウィークアキュビューは高含水でイオン性、初代メダリストは低含水で非イオン性)制作範囲は2005.4月時点で-0.25から-9.00まで、ベースカーブは8.6mmの一種類です。

3月。ジョンソン社の「シュアビュー」2005年秋で販売終了と決定。(10/31で販売レンズのメーカーへの受注終了。)影響は少ないだろうと思います。

4月。エイエムオー社のコンタクト消毒剤(MPS)「コンプリート」に4月から「コンプリート・テンミニッツ」が追加予定。「短時間での消毒効果」をうたっているので海外発売のComplete rapidcareに相当する物かと想像しています。 またコンセプトワンステップ(過酸化水素)は「コンセプトワンステップII」に順次おきかわるようです。(2005.03.01)。
7月。メニコン社から「メニコン1DAY」発売開始。
9月。ジョンソン社から 「ワンデーアキュビュー モイスト」が発売になりました。 従来のワンデーアキュビューと併売で、「うるおいを保つ」というメーカーの主張です。 やや高めの値段設定になりそうです。(承認番号:21600BZY00408000 ) (2005.09.22)
10月。ジョンソン社の 2週間交換終日装用コンタクトレンズ「シュアビュー」が2005.10.31で販売終了。 1994年4月の日本発売開始から11年でした。(2005.10.31)

コメントを残す