1999年コンタクト界の動き

1999年コンタクト界の動き1:頻回交換FRCL新製品
 1999年はコンタクトの新製品がいくつか登場しました。

99年時点で発売されている2週間交換コンタクトレンズは、 J&J社のシュアビュー、 ボシュロム社のメダリスト、 チバビジョン社 のフォーカス2ウィーク、フォーカス2ウィーク・トーリック、 シード社のフォーティーンUV、 セイコー社の2ウィークアクエア、 ウエスリー&ジェッセン社 のプレシジョンUV と、6社7製品です。その数年前までは2社でしたからかなり増えたと言えます。

1999年コンタクト界の動き2:化学消毒剤の新製品
 ソフトコンタクト用のコールド消毒(化学消毒)の製品が増えて、またほとんどの消毒剤が、「どのソフトコンタクトにも使えます」という承認をとっています。厚生省の方針が、1999年6月から、アメリカ方式の「ソフトコンタクトを4グループに分けてグループ別 に承認をする」方式に変わったためです。消毒剤はほとんど米国の製品の輸入版です。日本での選択肢はずいぶん増えました。眼鏡店、眼科医の関係者のかたがたは商品知識をふやすのに大変かと思います。めだまカフェでも近く商品一覧を作りたいと思います。今わかるだけで6種類あります。過酸化水素タイプがコンセプトF 、エーオーセプト、そして1液タイプ(MPS)がレニュー、コンプリート、オプティフリー、アイネス、の6種類です。

コメントを残す