緑色は目にいい効果?

 結論から言うと緑色の風景とか植物を毎日見たからといって良い事が目に起きる事は無さそうです。つまんない結論ですが。より正確に言えば「緑色の風景や書物を見て目の疾患が改善したような実験結果、論文は現時点で見当たらない」といえます。

 2005年10月6日 テレビ新広島で放映の 「満点ママ」で 平野医師が一部出演しました。放送で話した内容としては
1.緑色が目の近視遠視をよくする効果はない
2.緑色が目の屈折以外の病気をよくする効果もない
3.緑色の植物をみて目の疲れが改善したらしいという実験結果はあるにはあるけど、 効果が広く一般の人に現れるかどうか不明。
…というところです。参考に
“The effect of green classroom on the prevention of myopia progression”
という論文を見ましたが、台湾の小学生中学生を対象に緑色に塗った教室と塗っていない教室を用意して生徒の近視進行をくらべたが近視進行に差が出なかったという内容です。 (緑色と視力の関連を調べた英語論文はほとんどありませんでした) なお、「緑は目にいいかどうか」という議論では「やすらぐ、落ち着くなどの心理的効果」と「目の病気の話」をちゃんと区別する必要があります。 (2005.11.4)

コメントを残す