遠近両用コンタクトとの割り切った関係

欲張っちゃいけません。遠近両用コンタクトは割り切りが大切です。
人間あきらめが大切です。私も人生半分投げ出して生きています…。

reading_glass1
============


患者さんが遠近両用コンタクトを選ぶとき、私は説明しています。「遠近両用メガネみたいにハッキリは見えません。遠くも近くも少しぼやけますよ」と。

申し訳ないけどこれが現実なんです。個人差はあるから、遠近両用コンタクトで「これでよく見えます!よかった!」という人もいますが、メガネほどはっきり見えることはまずありません。眼科に来て、コンタクト試しにつけて検査して、ときには2通り3通り試してみて、見え方に満足しないなら、それはコンタクトをあきらめる方がいいんです。特にメガネの経験があってコンタクト経験がない人は、遠近両用コンタクトをつけても落胆する事が多いです。
============
でも中には遠近両用コンタクトで「あっちもこっちも、はっきり見たい」という欲張りな人がいる。「この度数だと遠くがぼやけるし….」「この度数だと今度は近くの字が読めないし…」という悩みを、眼科の検査コーナーで繰り返す人もいらっしゃる。「コンタクトで運転もしたいし仕事もしたいし…」と悩みは終わらない。検査時間は40分50分と過ぎていって、その間ずっと眼科検査員はつきっきりだし「だから最初に、シャープな見え方は無理だよと言ったんですが」と検査員はイライラがつのってきます。これで「この度数にしましょうね」と決定しても本人は「どうもやっぱり見えにくいような…」と不満が残ってしまう。

だから言いましょう。

「コンタクトは近くがぼけるもんです!」と。

テレビも雑誌もコンタクト会社の宣伝では、遠近ともに素晴らしい見え方が広がるみたいな印象をしきりにアピールしていますが、そんな夢のような遠近両用コンタクトレンズはできるわけありません。
ジョンソン社 「ワンデー・アキュビュー・モイスト・マルチフォーカル」
ボシュロム社「メダリスト フレッシュフィット <遠近両用>」
アルコン社 「エアーオプティクス/アクア遠近両用」
同じ事です。だってあの直径14mmくらいの小さいレンズに同心円とかにたくさんレンズを組み込んでも、
遠近ともにぴったりピントが合うわけないんですよ。

(もっとも遠近両用コンタクトの中でも同時視タイプと交代視タイプでは見え方が違うとか、ハードとソフトの違いとか
細かい話はいろいろありますが。ざっくり言うと遠近コンタクトは遠近メガネに見え方の質で勝てないんです)

40才過ぎたら近くがぼけて当たり前。

35才でも老眼を感じてもいいです。コンタクトなら、近くをあきらめて遠くの視力を得られる。それでいいじゃないですか。近視の人にも老眼はやってくるし、メガネよりもコンタクトが老眼を自覚しやすい。だから「こっちをとればあっちを捨てる」という割り切りが必要なんです。

ちなみに「老眼は何歳から始まるんですか」という質問もよくありますが、老眼に気が付けばそれがあなたの老眼のスタートです。50才でも40才でも30才でもよし。理屈でいうなら小学生のころから眼の調節力(つまりピント合わせの範囲)はどんどん低下していきますから「小学生から老眼はスタートしています」という答えでも正解でしょう。
遠近コンタクト以外の、老眼対処法

老眼に対処する方法は遠近両用コンタクト以外にもいくつかあります。その人の老眼の度合い、近視の強さ、生活スタイルによって、さまざまです。

以下文中の「CL」はコンタクトです。

1. CLをやめてメガネだけの生活。

2. CL左右度数を変えて片目遠く片目近くに合わせる(モノビジョン)。

3. CLは遠くに合わせておいて近く見るときCL上でメガネつかう。

4. CLは近くに合わせておいて遠く見るときCL上でメガネつかう。

こういった方法、それぞれ長所短所はありますが人によっては「これが便利だ!」とぴったり当てはまるものもありますから、遠近両用コンタクト以上に快適だったりします。でも繰り返しますが「あっちをあきらめてこっちを取る」という割り切りが必要なのは変わりません。

追記。2005年-2010年と、筆者平野は (2.)のモノビジョン法で大勢の患者さんにコンタクトを処方して、7割程度の成功率を感じています。好き嫌いはありますが片目を遠くに合わせるというのはかなりの年齢層で満足されます。
なお、筆者がひらの眼科で遠近両用コンタクトを処方していないわけではありません。長所短所を説明した上で希望者には検査をしますし、遠近両用コンタクトで1年以上満足して使用されている方々も少数ながらいます。

筆者自身の老眼も西暦2000年以降は着実に進んでいて、自分の目では老眼鏡を使っていますが片目に近く用コンタクトレンズをつける、というモノビジョン法を自分の目でも経験しています。

遠近両用コンタクトでお悩みの方、多少は納得していただけますか?
なお、遠近両用コンタクトの値段は普通のコンタクトの2倍程度ですので、その点もご参考に。

参考サイト:

1. 正しい老眼の解説。「40代で始まる目の老化」日本眼科医会の記事。東京医科歯科大 大野 京子監修。

2.…ボシュロム遠近両用コンタクトAll about Japan 2007年記事。ボシュロム社を会社訪問して書いている記事。

3. 遠近両用コンタクトを選ぶ…
All about Japan 2007年記事。ボシュロム社へ取材した情報をもとにしている。

(2016.1.15商品名訂正しました。JJの2ウィークアキュビュー BFは販売終了、チバビジョン社は会社合併でアルコン社になりました。) 
(2001.10.20作成、2016.1.15更新。)

遠近両用コンタクトとの割り切った関係」への1件のフィードバック

コメントを残す